2017年3月14日火曜日

天野道映の劇評 2017年3月 歌舞伎座

「運命尽きぬれば力及ばず。されども名こそ惜しけれ」(「平家物語」)。壇ノ浦でこう叫んだ知盛の潔さは、危険を顧みず背後に跳ぶ演技によって表現される。義太夫狂言に命を懸ける仁左衛門の覚悟にうたれる。((評・舞台)歌舞伎座「三月大歌舞伎」 見事に跳ぶ、仁左衛門の覚悟:朝日新聞デジタル)
義太夫をとことん研究して噛み砕いて見せてくれるので、胸に響きます。

ブログ アーカイブ