2017年3月17日金曜日

<新かぶき彩時記>悲劇前にした春の嵐 「賀の祝」の兄弟ゲンカ

七十の祝いを迎えた白太夫には梅王丸、松王丸、桜丸という三つ子の兄弟がいます。
折れた桜を見て白太夫が何も言わないのは、桜丸がそれと知らずに丞相左遷の遠因を作ってしまい、切腹する運命を悟ったため。お参りでも桜丸命乞いの願掛けはかなわず、覚悟を決めたのです。ケンカの騒々しさが後の悲劇を引き立てます。(東京新聞:<新かぶき彩時記>悲劇前にした春の嵐 「賀の祝」の兄弟ゲンカ:伝統芸能(TOKYO Web))
梅・松・桜の木が並んでいる舞台面がいかにも春らしいです。

ブログ アーカイブ