2017年3月10日金曜日

渡辺保の劇評 2017年3月 歌舞伎座

今度は風景の面白さもさることながら、自分も体 験したその三悪道を父清盛の悪業の結果として、その責任の全てを自分が進ん で引き受け、背負って死のうとする覚悟が鮮明であった。この覚悟こそ三悪道 の結果であり、その論理の一貫性が今度の収穫。この覚悟あればこそ「昨日の 敵は今日の味方」という心境、「あら嬉やな」という悟りの境地に達している のがよくわかった。全ての責任を自ら背負う覚悟をもって、自ら犠牲になる人 間の決断が、神にも似た輝きを放っている。
見る側にここまでの心理が伝わるか分かりませんが、じっくりと鑑賞したいです。
なによりもいいのは、せり ふが古典をいいほどいて 現代の人間にもよくわかるようになったことである。その証拠に客席がよく反 応している。長足の進歩である。
今回の良かったのはセリフがこちらに届いていると感じました。出端は日本一の良い男で文句なし。が、河東節が今日は女性ばかりで艶っぽさもないし、声量も小さく残念でした。
国立劇場から掛け持ちの雀右衛門初役の揚巻がいい。  スケールの大きさ、濃厚な色気、つややかさ、立派な立女形ぶりである。(2017年3月歌舞伎座
初役とは思えないほど上出来でした。お掛けは予想したのでした。
雀右衛門さん襲名の折、松屋で開催された展示に飾ってあった打掛けです。多分これではないかと・・・(Blogger: さちぎくブログ -)

ブログ アーカイブ