2017年3月13日月曜日

鷹之資、玉太郎、梅丸「若手舞踊公演SUGATA」に向けて

今回、新たな演出として、幕開きに鷹之資と玉太郎が交互出演で、作品の全貌を解説する「口上」を勤めます。「自分がどういう作品に関わっているかわかっていないとできません。鷹之資、玉太郎という役として歌舞伎の口上を述べ、瞬時に猪八戒、沙悟浄の役に変わる。2役を演じるくらいの気持ちでないと」と、演出する勘十郎が期待をかけます。二人には歌舞伎俳優として義太夫狂言の芝居、そして口上と、2つの大きな挑戦の場が設けられました。(鷹之資、玉太郎、梅丸「若手舞踊公演SUGATA」に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))
勘十郎さんの期待の星です。10代から見守るのは成長振りが分かって応援のしがいがあります。

ブログ アーカイブ