2017年4月4日火曜日

19年大河ドラマ、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが主演

NHKは3日、2019年放送の大河ドラマのタイトルが「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で前半の主人公を歌舞伎俳優の中村勘九郎さん(35)、後半の主人公を俳優の阿部サダヲさん(46)がリレー形式で演じると発表した。  勘九郎さんは五輪に初参加した日本人の一人でマラソン選手の金栗四三役。阿部さんは1964年の東京五輪招致に尽力した田畑政治役。  ドラマは宮藤官九郎さんの脚本。日本が初参加した12年のストックホルム五輪から64年の東京五輪開催までを中心とした激動の時代を落語家古今亭志ん生の目線で描く。(19年大河ドラマ、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんが主演  :日本経済新聞)
オリンピックを意識した企画ですね。いつもの大河とちょっと違いますね。

ブログ アーカイブ