2017年4月11日火曜日

小玉祥子の劇評 2017年4月 歌舞伎座

夜の序幕が「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」。不器用でいちずな又平の人柄を吉右衛門が描き出した。女房おとく(菊之助)にばかにされたと思っての怒り、絵が抜けての喜びを活写。菊之助はセリフのメリハリが利き、又平への思いがよく分かった。歌六の土佐将監、東蔵の北の方、錦之助の修理之助、又五郎の雅楽之助とそろう。(歌舞伎:四月大歌舞伎 吉右衛門がいちずさ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ