2017年4月11日火曜日

天野道映の劇評 2017年4月 歌舞伎座

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ) 帯屋」は、坂田藤十郎の長右衛門が生命の微光に静かに燃え、壱太郎(かずたろう)のお半・長吉二役は今まさに萌(も)え出(い)ずる生命に輝いている。((評・舞台)歌舞伎座「四月大歌舞伎」 微光静かに燃える藤十郎:朝日新聞デジタル)

ブログ アーカイブ