2017年4月19日水曜日

小玉祥子の劇評 2017年4月 赤坂ACTシアター

立場が変われば、人は異なる顔を見せる。同じ人間の持つさまざまな面を勘九郎が、時になさけなく、時に恐ろしく描き出す。  七之助が、明るく装いながらも、胸底に抱えた秘密のために常におびえて生きる歌の切なさを感じさせた。太郎と歌に付きまとう亀鶴にすごみと不気味さがあり、猿弥が裏表のない人物を明るく演じ、亀蔵、鶴松、いてうが、大役をしっかりと見せた。  セリフは現代語で展開は速い。黒白で明暗をつけた切り絵を思わせる松井るみの美術が印象的である。(歌舞伎:「夢幻恋双紙 赤目の転生」 謎解きのような面白さ=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
人間誰しもあの時こうしてたら・・・と思うことが、そんな運命の悪戯が共鳴できて面白いのだと思います。

ブログ アーカイブ