2017年4月9日日曜日

【花形出番です】 父と融合し九代目襲名 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(1)

昼の部の襲名狂言「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」の梶原平三役は、祖父(人間国宝だった十七代目市村羽左衛門(うざえもん))が得意とし、型もあります。心理描写より様式美を重んじる演出です。課題は舞台の真ん中に立って、メインの歯車として、芝居を見せるということ。舞台上に父や弟(同時に三代目坂東亀蔵を襲名する亀寿(かめとし))、菊五郎劇団のみなさんもそろい、心強いですね。(【花形出番です】父と融合し九代目襲名 歌舞伎俳優・坂東亀三郎(40)(1) - 産経ニュース)
襲名を機に、舞台の真ん中で堂々とシンを勤める役者さんになられますように。

ブログ アーカイブ