2017年5月1日月曜日

超歌舞伎2年目の盛況、『花街詞合鏡』開幕

獅童は超歌舞伎への挑戦が、古典歌舞伎について考えるきっかけになった、勉強になったと語りました。「歌舞伎も江戸時代は、現代劇として大衆を魅了した庶民の芸能です。現代のサブカルチャー、バーチャルとその歌舞伎が融合することは、意味があることではないでしょうか。古典の伝統を守りつつ、伝統と革新を追求する、それが、中村獅童の生き方です」。力強い言葉を残して獅童は次の舞台に向かいました。(超歌舞伎2年目の盛況、『花街詞合鏡』開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
大盛況のようです。

ブログ アーカイブ