2017年5月15日月曜日

石井啓夫の劇評 2017年五月 歌舞伎座

新彦三郎、生真面目過ぎるが、口跡のよさと潔さ、武士の面目かくやで好感度満点。楽善が大庭(おおば)、亀蔵が俣野(またの)で敵役。尾上松緑(しょうろく)が囚人で、常道の酒尽くしを3人への祝いぜりふに変えた。(【鑑賞眼】歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」 好感度満点の新彦三郎(1/2ページ) - 産経ニュース)
今月、松緑が大奮闘です。囚人のお役はゴチソウです。

ブログ アーカイブ