2017年5月10日水曜日

小玉祥子の劇評 2017年5月 歌舞伎座

昼の襲名演目は序幕の「石切梶原」。彦三郎が梶原で実力を発揮。声が通り、明るくさっそうとしている。楽善の大庭が貫禄で、亀蔵の俣野に荒若衆らしい勢い。団蔵の六郎太夫、尾上右近の梢が父娘の情を出した。松緑の呑助、菊之助の奴。(歌舞伎:團菊祭五月大歌舞伎 勢いある荒事、彦三郎=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
颯爽としているのがこのお役は大事です。

ブログ アーカイブ