2017年5月18日木曜日

中川右介の劇評 2017年5月 歌舞伎座

2人とも主役をつとめられる力が十分にあったのに、機会に恵まれなかった。この襲名で実力をアピールし、それが人気につながれば、今後も主役の機会があるだろう。期待したい。(役者の長い道のり象徴 寺島しのぶ愛息“初お目見得”の花道|芸能|芸能|日刊ゲンダイDIGITAL)
 昼夜の一番でも主役を演じて頂きたい。菊五郎の宗五郎は一等良いです。でも今月松緑が一番盛り上げてくれたのではと思います。梶原の呑助、魚宗の磯辺、先代萩の男之助、三社祭の悪玉、主ではない役でも存在感ありました。

ブログ アーカイブ