2017年5月19日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年5月 歌舞伎座

松緑、亀蔵の「弥生(やよい)の花浅草祭(はなあさくさまつり)」は四変化を通して踊り抜く。二人のイキが合って抜群の軽さ・おもしろさで、爽快な打ち出しになった。(東京新聞:<評>新緑の季節 あふれる活気 歌舞伎座「團菊祭」:伝統芸能(TOKYO Web))
彦三郎の梶原も、菊五郎の宗五郎も良し。

ブログ アーカイブ