2017年5月18日木曜日

上村以和於の劇評 2017年5月 歌舞伎座

だが今月、もっとも感服したのは菊五郎の「魚屋宗五郎」。努めて努めず、自然体に演じて自(おの)ずと役に叶(かな)う。名演と呼んで憚(はばか)らない。時蔵のおはま、団蔵の太兵衛等々、配役も上々、当代での精華だ。菊五郎は「対面」でも初役という工藤で独自の境地を見せる。((歌舞伎)歌舞伎座5月公演 新彦三郎、家の芸風に劇評 2017年五月 歌舞伎座上村以和於の新風 :日本経済新聞)
梅枝、右近の存在も今後の期待大です。

ブログ アーカイブ