2017年5月18日木曜日

畑律江の劇評 2017年5月 大阪松竹座

大詰めは大滝の場。流れ落ちる本水は目に涼しく、善悪早替わりしながらの勘九郎の立ち回りが爽快。躍動的なスペクタクル性に驚かされる。(舞台評:五月花形歌舞伎 勘九郎、立ち回り爽快 - 毎日新聞)
昼夜とも面白そう、いいね~見たいな!

ブログ アーカイブ