2017年5月19日金曜日

倉田喜弘の文楽評 2017年5月 国立小劇場

誰を身代わりに、と悩みながら帰宅した源蔵は、松王丸とのやりとりも良い。襲名を祝うとともに、さらなる活躍を期待したい。三味線は鶴澤(つるざわ)清介。後半の松王丸夫妻がわが子を弔う「いろは送り」の場面は、哀れにも美しい鶴澤燕三(えんざ)の三味線に乗せて、豊竹咲太夫が締めくくる。人形は松王が吉田玉男、源蔵が吉田和生、千代が桐竹勘十郎、戸浪(となみ)が桐竹勘寿。
「菅原伝授」は全員が力を出し切って見事な舞台になった。(東京新聞:<評>全員見事な「菅原伝授」 国立劇場 5月文楽公演:伝統芸能(TOKYO Web))

ブログ アーカイブ