2017年5月8日月曜日

長谷部浩の劇評 2017年5月 歌舞伎座昼の部

菊五郎孫の寺嶋眞秀は初舞台。せりふもきちっと強く、なにより姿勢がいい。幼さで受けを取るのではなく、芝居で取ろうとする意志がある。花道の引っ込み、大向こうから「よく出来ました」と声がかかったのはご愛敬。客席のだれもがうなずいた。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
菊五郎劇団のDNA・・・確かに感じますね。新彦三郎、新亀蔵 、松緑、菊之助、右近等がますます充実した演技を身に着けていくことでしょう。

ブログ アーカイブ