2017年5月19日金曜日

<和の懸け橋>外国人向け歌舞伎公演・市村萬次郎) 「日本文化の入り口」形に

京劇俳優の妻潔子(きよこ)さんの後押しで、外国人向けの主宰公演を企画。九二年、東京・浅草公会堂で「外国人の為の歌舞伎教室」と題した第一回公演を開催した。まず英語と中国語で歌舞伎鑑賞のイロハを講義し、特異な霊力を持つ高僧が絶世の美女に惑わされる「鳴神(なるかみ)」を上演した。化粧の様子も舞台上で公開し、大いに好評を博した。(東京新聞:<和の懸け橋>外国人向け歌舞伎公演・市村萬次郎(67) 「日本文化の入り口」形に:伝統芸能(TOKYO Web))
萬治郎さんの功績はもっと知られると良いです。大規模な歌舞伎公演とは違う良さがあります。素晴らしいです。

ブログ アーカイブ