2017年6月11日日曜日

石井啓夫の劇評 2017年6月 歌舞伎座

松本幸四郎、中村吉右衛門、片岡仁左衛門。熟成した技芸と情感で、それぞれが魅了する男の哀愁。(【鑑賞眼】歌舞伎座「六月大歌舞伎」 三者が魅了する男の哀愁 - 産経ニュース)
幸四郎は2本ですが、昼夜で1本の出演が体力的に良いのだと思います。

ブログ アーカイブ