2017年6月13日火曜日

小玉祥子の劇評 2017年6月 歌舞伎座

松緑の新助は、純朴な田舎商人が都会の芸者美代吉(笑也)の手管に迷い、狂気に走る不気味さを見せた。(歌舞伎:六月大歌舞伎 仁左衛門まるで錦絵=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
黙阿弥の「八幡祭小望月賑 」を元にして書かれた新歌舞伎、黙阿弥のもみたいですね。
  

ブログ アーカイブ