2017年7月16日日曜日

長谷部浩の劇評 2017年7月 国立劇場鑑賞教室

〽彼の唐土の会稽山、恥を雪ぎし越王の」をじっくり聴いて、衣裳ぶっ返りとなり、打ち上げの見得に至る見せ場は、吉右衛門の指導が行き届いているのだろう。単に大きく見せるばかりではなく、華やかな人となりがある。愛嬌を売るのではなく、品格をみせていく行き方。音羽屋の血も生きて、菊之助が神妙に勤めている。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)
華麗な大蔵卿でした。奥殿の出の美しかったこと、品格あり音羽屋の芸です。

ブログ アーカイブ