2017年7月21日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年7月 国立劇場鑑賞教室

きれい盛りの女形の役々を見たいような気もするが、こうした大きな立役(たちやく)の継承もまた、今は彼が担わなければならない重責。奮闘にエールを送りたい。(東京新聞:<評>国立劇場「歌舞伎鑑賞教室」 菊之助ら若手が大健闘:伝統芸能(TOKYO Web))
総じて花形若手の一座が大いに健闘した。→本当に若手のみんなが結束していて、歌舞伎の未来に繋がると感じました。

ブログ アーカイブ