2017年7月10日月曜日

渡辺保の劇評 2017年7月 国立劇場鑑賞教室

右近のお京は、夫に連れて花道を出る時の何気ない情といい、「鶴亀」の踊 りの手ぶりといい、いいお京である。幕外の引込みも最初の二足三足にヒレが ないが、奥殿になっての常盤御前への意見もいい。この幕第一の出来である。(2017年7月国立劇場)
菊之助はかわいく感じられましたが、奥殿の出では品格あり申し分ないお公家さんでした。右近のお京がすごく目立ちました。芸が上がっているのだと思います。過去何人ものお京の「鶴亀」を見ましたが右近が一番です。私の持論、踊が上手い人は芝居も上手い。

ブログ アーカイブ