2017年7月8日土曜日

石井啓夫の劇評 2017年7月 歌舞伎座

海老蔵が悪の駄右衛門と善の玉島幸兵衛、大詰前の秋葉大権現の3役。悪を懲らしめる権現役で長男、堀越勸玄(かんげん)扮する白狐(びゃっこ)を小脇に宙乗りを披露。大喝采である。(【鑑賞眼】歌舞伎座「七月大歌舞伎」 昼夜奮闘の海老蔵、大喝采(2/2ページ) - 産経ニュース)
善悪、清濁両方出来なければ一人前の役者ではない、と言われます。海老蔵は両方できる役者ということになります。今月のお客様の声援にも熱が入ります。

ブログ アーカイブ