2017年7月10日月曜日

(語る 人生の贈りもの)中村吉右衛門:1 やっと「なりきれる」ように

昨年で二代目襲名から50年。このごろやっと、1カ月25日間の公演の中に何日か役になりきれる時があって、ああよかったと思います。役と一体になるのは難しいですが、やれなくてはいけないと思う今日この頃です。二代目になったのですから。((語る 人生の贈りもの)中村吉右衛門:1 やっと「なりきれる」ように:朝日新聞デジタル)
14回連載です。初回に和史君のお話が出ています。じいたんの舞台をいっぱい見てほしいです。

ブログ アーカイブ