2017年7月20日木曜日

Interview 桐竹勘十郎 キツネ役で七変化 芸歴50年、玉藻前に再挑戦

七化けでは5組みの足と左遣いが主遣いの勘十郎を支える。  「一昨年の上演では、道具を工夫し、暗転を少なくして早変わりをお見せしました。体力がいる役です。前回より2歳年をとりましたので、摂生し、筋力をつけて臨みます」(Interview:桐竹勘十郎 キツネ役で七変化 芸歴50年、玉藻前に再挑戦 - 毎日新聞)
文楽のキツネ興味深いです。

ブログ アーカイブ