2017年7月30日日曜日

玉三郎が語る、八千代座「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」

平成2(1990)年の復興記念を皮切りに26年続けてきた玉三郎の八千代座公演。「27年目になり、このままではお客様の目が新しくならない。いよいよ出し物に困っていました」という窮地から生まれたのが、今回の「映像×舞踊公演」です。「シネマ歌舞伎や今までの映像をシネマ歌舞伎用の映像に変換して、自分の実演を混ぜたら、(公演では)やらなくなった『道成寺』『鷺娘』の一部が観ていただけるのではないかと企画しました」。(玉三郎が語る、八千代座「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ