2017年7月30日日曜日

あがりby米吉

歌六茶に蔓方喰の熨斗目に定紋の揚羽蝶の入った我が家の裃。   この裃を着るのも昨年の浅草でのお年玉ご挨拶以来。 口上に列座させていただくのは前回の叔父達の襲名の巡業以来です。 その時は拵えの時間の都合等もあり、女方で列座しておりましたが、今回は立役。   以前のブログで、我が家の口上は基本立役、と書きましたが、これは女方であった曾祖父三世時蔵 が決めたそうなんです。   「 口上というのは役ではなく、役者自身がお客様にご挨拶するのだから、普段の自分、即ち男として、立役姿でやるべきだ。 」   父から聞いた曾祖父の言葉はもっと砕けた言い方でしたが、きちんとした言葉にすると概ねこういうこと。  ですから、我が家は基本的には立役で口上に列座させていただきます。(あがり! | 歌舞伎役者 中村歌六 米吉 |オフィシャルサイト)
なぜ立役での口上かよく分かりました。

ブログ アーカイブ