2017年8月12日土曜日

中村吉右衛門、今年で10回目『秀山祭』9・1開幕「これがぼくの天命」

養父、初代中村吉右衛門の俳名「秀山」を冠にした興行。今年は10回目の節目で「命を懸けてこれまでやってきました。これから先もやっていきたい。それがぼくの天職、天命」と力強く宣言した。(中村吉右衛門、今年で10回目『秀山祭』9・1開幕「これがぼくの天命」 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ))
10年目で染五郎、菊之助等が成長して今後の秀山祭を牽引していくでしょう。

ブログ アーカイブ