2017年8月18日金曜日

河村常雄の劇評 2017年8月 歌舞伎座

中車は元来芸達者、古典でなければうまい。渡世人のいなせな感じがよく出ている。お仲を病から救うために賭場荒らしに手を染めた経緯を語る件がうまい。七之助は薄幸の女性が仁に叶う。自暴自棄の前半から亭主思いで病弱の女房になる後半への切り替えも鮮やか。初役の2人の好演で見応えのある舞台になった。
近年、彌十郎は脇役でありながら存在感を増しているが、期待通り主役を無事勤めた。相手が将軍といえども納得できない面は渡せないという芸術家としての気概、二人の娘への情愛、瀕死の姉娘の顔を写し取ろうとする芸術家魂など的確に表現している。 猿之助が姉娘・桂。上昇志向の強さを浮き彫りにして好演。(河村常雄の新劇場見聞録)
新歌舞伎の二題とも好評です。長谷川伸、岡本綺堂はもう古典ですね。

ブログ アーカイブ