2017年8月18日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年8月 歌舞伎座

坂東弥十郎の夜叉(やしゃ)王は、自ら打った面にじっと見入る姿に、芸術家の狂熱とはまた違う、愚直な職人像が浮かんだ。猿之助の桂がまことに巧緻(こうち)で、職人を侮り「関白大臣将軍家のおそば」を望む気位の高さ、気性の激しさが鮮やかに表れる。坂東巳之助の春彦、坂東新悟の楓(かえで)も好演。(東京新聞:<評>心弾む「団子売」 歌舞伎座「八月納涼」:伝統芸能(TOKYO Web))

ブログ アーカイブ