2017年8月16日水曜日

小玉祥子の劇評 2017年8月 歌舞伎座

3部が「野田版 桜の森の満開の下」(坂口安吾作品集より 野田秀樹作・演出)。ヒトと鬼が混在する世界が舞台。七之助の夜長姫が攻撃的でセリフのメリハリが利いて魅力的。耳男の勘九郎が翻弄(ほんろう)されるところをうまく見せた。(歌舞伎:八月納涼歌舞伎 七之助が変化うまく見せる=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
七之助好評です。

ブログ アーカイブ