2017年9月1日金曜日

吉右衛門、雀右衛門、染五郎『再桜遇清水』歌舞伎座初上演に向けて

前回の上演から13年、歌舞伎座では初上演となる『再桜遇清水』。松貫四の名でこの作品を書いた吉右衛門は、「歌舞伎座で再演することを念願にしておりましたので、我が意を得たり、というところでございます」と笑顔を見せ、「歌舞伎座は昔の芝居小屋を、そのまま近代化したという感じですので、江戸時代からある芝居小屋の金丸座でつくった芝居をもってきても、違和感がありません」と、語りました。(吉右衛門、雀右衛門、染五郎『再桜遇清水』歌舞伎座初上演に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))

ブログ アーカイブ