2017年9月17日日曜日

上村以和於の劇評 2017年9月

『毛谷村』も悪くなかった。六助の染五郎とお園の菊之助の芸の背丈が揃っているのが、この牧歌的でほほえましいユニークな佳品の良さを引き出したとも言える。上村吉弥のお幸も、吉之丞亡き後のこの役はこの人のものと言うに足る。(演劇評論家 上村以和於公式サイト | 歌舞伎の評論でお馴染みの上村以和於です。)
パソコンの諸事情でご無沙汰してしまった由、三代目になったそうです。
歌舞伎座、自主公演、他のジャンルのお芝居などいろいろ書かれています。
染・菊コンビ、四谷怪談の時も良いなあと思いましたが、これからも いろいろ挑戦してほしいです。幸・菊コンビになりますか!

ブログ アーカイブ