2017年10月12日木曜日

渡辺保の劇評 2017年10月 国立劇場

四場目焼場の大道具は前回通り。ここになると仁左衛門の八郎兵衛と水右衛門の二役早変わりがいい。ようや く本道へ出た気がする。おつまとの本雨の立ち廻りも、雀右衛門のおつまと共 に、この芝居一番の出来。(2017年10月国立劇場)
15年前に触れた演出の面が改善されてないと指摘しています。又五郎・歌六・彌十郎・錦之助・雀右衛門等が好演とのことです。

ブログ アーカイブ