2017年10月30日月曜日

中村雀右衛門「奥州安達原」の袖萩に挑戦

最大の見せ場は、袖萩が両親に不孝をわび、祭文を語る場面。実際に舞台上で三味線を弾くが、雀右衛門は単なる演奏ではないと表情を引き締める。  「不幸が束になってくる状況で、三味線が鳴ることが大切。生き抜く強さ、情の深さなどいろいろなものを表現していると思います」(【ステージ 芸】中村雀右衛門「奥州安達原」の袖萩に挑戦 11月歌舞伎(2/3ページ) - 産経ニュース)
袖萩で忘れられないのは17代目勘三郎です。雪の冷たさ、盲目の哀れが肌で感じられました。

ブログ アーカイブ