2017年10月16日月曜日

小玉祥子の劇評 2017年10月 歌舞伎座

すべてが掛け違う悲しき貴公子ぶりを菊之助が見せた。七之助の美しく冷たい敵役ぶりが秀逸だ。松也が血気盛んな勇者ぶりを表現し、時蔵が母の悲しみを出した。菊五郎の那羅延天が要所を締める。(歌舞伎:芸術祭十月大歌舞伎 敵役ぶりが秀逸=評・小玉祥子 - 毎日新聞)

ブログ アーカイブ