2017年10月18日水曜日

猿之助の休演とアンダースタディ(河村常雄)

猿之助一門には先代から若手公演の前例があった。先代猿之助(現猿翁)のスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」で市川右近(現右團次)が主役を勤める日もあった。 演出より役者本位の日本の演劇界にあって、アンダースタディ制度は難しいかも知れないが、若手公演の併設は、若手育成、主役の休養、事故対策としても有効ではないかと思う。そして何よりも猿之助の一日も早い回復と復帰を願う。(焦点・猿之助の休演とアンダースタディ: 河村常雄の新劇場見聞録)
こんな大変な事態があっても、すぐに対応出来るのはすごいことだと思います。アンダースタディ制度と銘打ってはいませんが、歌舞伎界はいつでも代役をたて、アナをあけないようにみんなが支え合っているのだと思います。

ブログ アーカイブ