2017年10月20日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年10月 国立劇場

幕開き早々、いきなり毒薬のたくらみで中村又五郎の石井兵介が返り討ちにあう。片岡仁左衛門の藤田水右衛門(みずえもん)はその冷たさ、色気、スケールの大きさ、申し分のない悪の権化。坂東弥十郎の掛塚官兵衛、中村歌昇の若党金六。(東京新聞:<評>仁左衛門、南北の「味」 国立劇場「霊験亀山鉾」:伝統芸能(TOKYO Web))
これぞ惡の華!魅力あります。

ブログ アーカイブ