2017年10月28日土曜日

竹本葵太夫に伝統文化ポーラ賞優秀賞

渋く硬質な義太夫節で、役者を引き立てつつ、役者を、舞台を導いていく。歌舞伎竹本の語り手、竹本葵太夫(あおいだゆう)(56)が「第37回伝統文化ポーラ賞」優秀賞を受けた。主催のポーラ伝統文化振興財団は「役者との一体化が特に優れ、重厚な語り口は感動を与える」と評価した。(空気決める、いぶし銀の語り 竹本葵太夫に伝統文化ポーラ賞優秀賞:朝日新聞デジタル)
演じる役者さんとのイキもよく、渋い声でぐっと引き込まれます。ご受賞おめでとうございます。

ブログ アーカイブ