2017年11月23日木曜日

「世界花小栗判官」、尾上菊之助「父から1つでも多く芸を継承していきたい」

小栗判官兼氏役の菊之助は「国立劇場で1年を始めさせていただけること、本当にうれしく思っております。小栗判官は、お駒に好かれるいい男であったり、馬術の名手ということで、曲馬乗りもあり、華やかな舞台にさせていただきたいです。時蔵のお兄さんも小栗判官を勤められておりますので、お話を聞きながら勤めていきたいと思います」と語る。
来年の抱負について「父からなるべく教えをいただいて、1つでも多く芸を継承していきたいと思っております」と締めくくった。(「世界花小栗判官」、尾上菊之助「父から1つでも多く芸を継承していきたい」 - ステージナタリー)

ブログ アーカイブ