2017年11月12日日曜日

染五郎「覚悟決めた」いざ幸四郎の道 「ぼくはぼくとしての幸四郎を」

「父が、最後は3代で、ということでこの芝居を選んだんです。だから、染五郎として最後という気持ちをしっかり意識して務めています」  ラストは武士としての覚悟を決め運命に身を委ねる磯貝。その姿は歌舞伎の家に生まれ、大名跡を継ぐ定めを背負った染五郎と、どこか重なるように思える。幸四郎がこの演目を選んだのは、息子へのエールとも取れそうだ。(松本幸四郎のニュース - 染五郎「覚悟決めた」いざ幸四郎の道 「ぼくはぼくとしての幸四郎を」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN)
千穐楽は泣くかしら?染五郎といえば妄想歌舞伎ですね。幸四郎になってもいろいろ妄想して新開拓されるでしょう。

ブログ アーカイブ