2017年11月24日金曜日

文化功労者・竹本駒之助が「忠臣蔵」

駒之助は人物の心理描写、場面状況の語り分けなどに秀でている。今回、駒之助が演じるのは九段目「山科閑居(やましなかんきょ)の段」。前半は一人語り、後半を掛け合いで聴かせる。(東京新聞:文化功労者・竹本駒之助が「忠臣蔵」 「丁寧に心情語りたい」:伝統芸能(TOKYO Web))
「女流義太夫演奏会十二月公演」女義がさかんになったのは駒之助さんの存在大です。

ブログ アーカイブ