2017年11月26日日曜日

中車「忠太郎」 僕の実人生そのもの、玉三郎「おはま」 思いは“瞼の息子” 瞼の母 十二月大歌舞伎

「(当時、猿翁と)一瞬だけ会って、その後会わなくなり今、(瞼の母を)歌舞伎でやらせていただける。それは僕だけが持っている稀有(けう)な体験です。そういう人間が忠太郎を演じると、何かは出ると思う」(【ステージ 芸】中車「忠太郎」 僕の実人生そのもの、玉三郎「おはま」 思いは“瞼の息子” 瞼の母 十二月大歌舞伎(2/3ページ) - 産経ニュース)
観客の涙をさそうことでしょう。

ブログ アーカイブ