2017年11月15日水曜日

小玉祥子の劇評 2017年11月 国立劇場

家康の意をくむ金地院崇伝(左團次)とのやりとりに緊迫感があった。(歌舞伎:「坂崎出羽守」「沓掛時次郎」 武骨な出羽守に緊迫感=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
左團次とのセリフの応酬が特に良かったです。アフタートークでは松緑さん今月は背中が猫背で下向き気味、解消は愛犬をメチャクチャ可愛がることだそうです。

ブログ アーカイブ