2017年11月10日金曜日

河村常雄の劇評 2017年11月 歌舞伎座

最後は「元禄忠臣蔵」の「大石最後の一日」。幸四郎が重厚かつ理性的な内蔵助。そして、初一念を通す武士道より、偽りを誠の愛に変えさせる、情に優れた内蔵助である。(河村常雄の新劇場見聞録)
大幹部各人が至芸を見せる顔見世です。

ブログ アーカイブ