2017年12月16日土曜日

土 蜘(猿三郎ブログ)

後ジテである土蜘の精が投げる蜘蛛の糸は、音羽屋さんの特許でして 特殊な作り方で かなり技術を要します。 気の遠くなるような作業 長年にわたり音羽屋のお弟子さんが 作成しております。 すべてお手製ですので、1発作るだけで気の遠くなるような作業。 これを1日の公演で何10発も使い 1ケ月の公演では・・・。(土 蜘 ( 伝統芸能 ) - 市川猿三郎 二輪草紙 - Yahoo!ブログ)
蜘蛛の糸、作るのも大変な作業、後見も投げたと同時にクルクル回収、あれも大変そうです。大勢の手がかかわっているのだと改めて思います。

2017年12月15日金曜日

<新かぶき彩時記>「廓文章」の伊左衛門 「腐っても鯛」の優美さ

伴奏の義太夫の詞章にも注目。「つかめば後に師走浪人」の、しわすは、紙衣の皺(しわ)にかけてあり、落ちぶれた境遇を浪人にたとえたもの。「昔は槍(やり)が迎え出る」は、武士なら槍持ちが迎え出るところを、やり手という遊郭の従業人に迎えられた昔を懐かしむ意味で、伊左衛門が扇で遊郭の門口を指す型も。「長刀(なぎなた)の草履」は、履きつぶし長刀のように薄くなった草履で、これも扇で指したりします。(東京新聞:<新かぶき彩時記>「廓文章」の伊左衛門 「腐っても鯛」の優美さ:伝統芸能(TOKYO Web))
詞章を知ると、いろいろと意味が込められていて面白いですね。紙衣のデザインはステキです。

<歌舞伎>尾上右近が二刀流 歌舞伎と清元節「両方好き。2倍努力」

今回の襲名は、将来の家元継承も視野に入れているという。今後は演奏会の出演など清元節の活動を増やす方針。将来、東京・歌舞伎座の本興行で太夫をつとめる可能性については「そこを目標にすることが一つのモチベーションになる。修業して実力をつけることが先決」と答えた。(東京新聞:<歌舞伎>尾上右近が二刀流 歌舞伎と清元節「両方好き。2倍努力」 :伝統芸能(TOKYO Web))
猿之助の代演を2ヶ月勤め、責任感と自信がついたと思います。清元の方も応援します。

文楽評 倉田喜弘 2917年12月 国立小劇場

梅川のくどき「大坂を立ち退(の)いて」や「平沙(へいさ)の善知鳥(うとう)血の涙」は、気持ちよく酔える。その太夫や三味線よりも桐竹勘十郎の孫右衛門と吉田和生の梅川、人形遣い二人が作り出した成果が大きい。(東京新聞:<評>気持ちいい「新口村」 国立劇場 十二月公演:伝統芸能(TOKYO Web))

矢内賢二の劇評 2017年12月 国立劇場

総じて英雄的な侠客(きょうかく)とはひと味違った弱さを感じさせる吉右衛門の由兵衛が新鮮。一座のアンサンブルが五瓶の巧みな劇作を生かして、単なる珍品の虫干しではなく、忘れられかけた演目の再評価につながる上演になった。(東京新聞:<評>幻の演目に光 国立劇場十二月公演:伝統芸能(TOKYO Web))
いつもの吉右衛門の役どころと違って新鮮とか、観劇が楽しみです。

2017年12月14日木曜日

渡辺保の劇評 2017年12月 歌舞伎座

中車と愛之助の「らくだ」(第二部)が面白い。  私はこれまで岡鬼太郎作の、東京版の「らくだ」しか知らなかった。今度は じめて大阪版(初代桂文枝口述、堀川哲脚本、奈河彰輔改訂演出、今井豊茂演 出)なるものを見て大いに笑った。もともと「らくだ」は大坂落語だから本家 本元というべきか。東京版とは感覚がまるで違う。岡鬼太郎本が人間の死の尊 厳にふれているのに対して、大阪版は一切理屈抜き、野放図に笑いに徹してい るところが面白い。
「土蜘」も松緑の東京初役。前シテの花道の出のニンに合った凄味もよく「樹 下石上」の舞から踊りにくだけるあたりに、この人の踊りのうまさがよく出て いて堪能させる。今の歌舞伎界では一番の踊り手で味わい深い。芸のレベ ルでいえば今月一番の見ものである。(2017年12月歌舞伎座)

渡辺保の劇評 2017年12月 国立劇場

ここからがいよいよ吉右衛門が本領を発揮する。今回の見どころである。  長吉を追っかけて来た長五郎を、由兵衛が追い払って長吉の窮地を救う。そ の長吉が百両の金を持っていると知って、今宵に迫る小三身請けの後金百両が 欲しい由兵衛が長吉にその金を借してくれと頼む。ここが吉右衛門はうまい。 この男は侠客々々といってプライドを持っているが、実は小心なのである。(2017年12月国立劇場)

長谷部浩の劇評 2017年12月 歌舞伎座第三部

第三部は玉三郎が座頭。俳優としての魅力はもちろんだが、芯に立つ役者としての統率力、透徹した美意識に対する信頼が、玉三郎の舞台を支えているのだろう。客席を熱い観客が埋めていた。
平成の世が閉じようとする今、人間の苦渋を、単なる台詞劇でもなく、歌い上げる人情劇にも終わらなかった。人間の生を全身で演じきる劇として『瞼の母』は成立していた。石川耕士演出。(長谷部浩の劇評  TheaterGoer Directory)

河村常雄の劇評 2017年12月 歌舞伎座

「瞼の母」。満足。石川耕士の演出で、忠太郎が母おはまと再会を果たす大詰だけでなく、兄弟分半次郎にやくざの足を著せる序幕から涙線を刺激する。 中車の番場の忠太郎。満足。ややかすれた低い声が、渡世人に似合う。裏街道を歩く男の切なさや誠をうまく表す。八月納涼歌舞伎の「刺青奇偶」の半太郎に次ぐ渡世人役。股旅役者とでも言おうか、いい鉱脈を手に入れた。(十二月大歌舞伎評: 河村常雄の新劇場見聞録)
満足、ほぼ満足と通信簿の評価みたいです。

河村常雄の劇評 2017年12月 国立劇場

吉右衛門の侠客、梅の由兵衛。序幕でしっかり台詞が入っていないのは気になるが。凄惨な殺し場では年齢を感じさせないキビキビした動きを見せる。殺しに至る心の葛藤が秀逸。(河村常雄の新劇場見聞録)

天野道映の劇評 2017年12月 歌舞伎座

人には誰しも戻れない時間や、会えなくなった人々の記憶がある。第三部夢枕獏作「楊貴妃」で玉三郎がその痛恨の思いに美しい形を与えて心を打つ。
第二部「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」の松緑の大立ち回りが、気迫に満ちている。祖父二代目松緑がよみがえらせた古典を、今度は息子の左近に伝えようとする。父親の覚悟が滲(にじ)み出ている。
第一部「土蜘(つちぐも)」は、土蜘の精の松緑に、やはり内にこもる気迫がある。侍女胡蝶(こちょう)(梅枝)の舞が位取り高く、こちらは日の当たる者の晴れやかさ。((評・舞台)歌舞伎座「十二月大歌舞伎」 玉三郎、響く痛恨の心:朝日新聞デジタル)
松緑は歌舞伎狂言を伝えていくという気迫と使命を感じます。

16日NHKEテレ14:00~第44回NHK古典芸能鑑賞会「能・琉球舞踊・文楽・長唄 歌舞伎」

[Eテレ] 2017年12月16日(土) 午後2:00~午後5:00(180分)
人間国宝など豪華出演者が一堂に会す、年に一度の祭典。第一部 月に舞う空に奏でる-人間国宝至芸競演-舞囃子「融」・琉球舞踊「諸屯」・文楽「関寺小町」・長唄「二人椀久」。第二部 歌舞伎「平家女護島 俊寛」。(NHK 番組表 | 第44回NHK古典芸能鑑賞会「能・琉球舞踊・文楽・長唄 歌舞伎」 | 豪華出演者が一堂に会す一夜限りの舞台。能・琉球舞踊・文楽・長唄・歌舞伎。大槻文藏、宮城能鳳、鶴澤清治、東音宮田哲男、中村芝翫、中村東蔵、石田ひかり ほか)

15日NHKEテレ23:00~にっぽんの芸能「もうすぐ襲名!市川染五郎特集」

2018年1月、市川染五郎が十代目松本幸四郎を襲名する。今年2月に松本錦升として出演した舞踊作品と襲名直前の心境を語ったインタビューを紹介し染五郎の魅力に迫る。(NHK 番組表 | にっぽんの芸能「もうすぐ襲名!市川染五郎特集」 | 2018年1月、市川染五郎が十代目松本幸四郎を襲名する。今年2月に松本錦升として出演した舞踊作品と襲名直前の心境を語ったインタビューを紹介し染五郎の魅力に迫る。)

15日NHK総合8:15~あさイチ「プレミアムトーク 松本幸四郎」

[総合] 2017年12月15日(金) 午前8:15~午前9:55(100分)(NHK 番組表 | あさイチ「プレミアムトーク 松本幸四郎」 | プレミアムトーク 松本幸四郎 ▽特選!エンタ 映画「5%の奇跡」ほか▽ピカピカ日本「ベニズワイガニ」▽あさイチグリーンスタイル「小さな畑“ベカ菜ちゃんハウス”」)

名題適任証授与式を行いました

今回の名題資格審査は、8月28日(月)に歌舞伎座稽古場で筆記試験、9月26日(火)に歌舞伎座稽古場で実技試験が行われました。日本俳優協会役員などで構成された審査員による厳正な審査の結果、下記の12名(五十音順、敬称略)が名題適任と認められ、このたび適任証が授与されたものです。(トピックス|歌舞伎 on the web)
尾上音一朗  片岡當吉郎  中村梅丸  中村翫政  中村京珠  中村児太郎  中村鶴松  中村虎之介  中村橋之助  中村橋弥  中村福緒  中村福之助

皆様おめでとうございます。活躍中の面々も晴れて名題さん、ますますご精進され芸道に励んで下さい。

2017年12月13日水曜日

御園座こけら落としで松本幸四郎さんら会見

名古屋市中区のホテルで13日、松本幸四郎さんらが来年4月にこけら落としを行う新・御園座の「歌舞伎」の製作発表を行った。会見には、松本幸四郎さんと市川染五郎さんが出席。2人は来年1月から、松本幸四郎さんは二代目「松本白鸚」に、市川染五郎さんは十代目「松本幸四郎」へと襲名する。この日は御園座で行われる襲名披露での演目も発表された。(御園座こけら落としで松本幸四郎さんら会見 | NNNニュース)
動画あり。演目は勧進帳、対面です。

2017年12月11日月曜日

高麗屋三代襲名披露「お練り」、36年ぶりの大盛況

今日は忘れられない日になると、喜びを表した幸四郎。歌舞伎が大好きという気持ちを支えに、舞台に立ち続けると誓った染五郎。緊張感を持って襲名披露を勤めたいと、気持ちを引き締めた金太郎。どこまでも雲ひとつない空が広がった師走の一日、1月からの三代同時襲名への期待も限りなく高まったお練り、成功祈願となりました。(高麗屋三代襲名披露「お練り」、36年ぶりの大盛況 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 11日~15日

11日
雛助狂乱
菊五郎
五條橋
富十郎・鷹之資
関八州繋馬 小蝶蜘
魁春・仁左衛門・時蔵・梅玉・吉右衛門・菊五郎

12日
一本刀土俵入
勘三郎・三津五郎・七之助・彌十郎・福助
松壽操り三番叟
染五郎・松也

13日
お江戸みやげ
芝翫・梅玉・福助・富十郎
義経千本桜 鳥居前
右團次・笑也・寿猿・猿弥・門之助

14日
君が代松竹梅
錦之助・進之介・愛之助
磯異人館
勘九郎・七之助・猿弥・松也・芝翫
女伊達
7世芝翫

15日
修禅寺物語
彌十郎・猿之助・勘九郎・巳之助・新悟・秀調
熊野
玉三郎・仁左衛門・錦之助・七之助

2017年12月10日日曜日

10日BSフジ21:00~片岡愛之助の生き方

『片岡愛之助の生き方』 2017年12月10日(日)  21時00分~22時55分
舞台、テレビ、映画と活躍中の歌舞伎俳優・片岡愛之助。2年前に藤原紀香を伴侶とし今や絶好調。今年はミュージカルにも挑戦。舞台裏にも密着。初公開!新婚旅行ビデオも。(片岡愛之助の生き方 - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表])

骨折した猿之助さん「生きております」 サプライズ登場

この舞踊公演はもともと、猿之助さんと日本舞踊の宗家藤間流八世宗家、藤間勘十郎さんが共演するはずだった。  左手に包帯を巻いた猿之助さんが登場すると、会場から驚きの声が上がった。猿之助さんは「宗家との舞踊会を予定していたのですが、思わぬことでかなわず、深くおわび申し上げます」とあいさつ。「この公演が毎年恒例になれば、いつかお客様が嫌というほど踊り狂いたい」と話し、観客から拍手が起こった。(骨折した猿之助さん「生きております」 サプライズ登場:朝日新聞デジタル)
すっかり回復するまでガマンしてくださいね。イヤというほど見まくります。

2017年12月8日金曜日

「もうひとつのたからのとき」のお知らせ(寺嶋しのぶブログ)

12月9日(土) 午後3時05分~4時05分 地域ドラマ「たからのとき」 午後4時05分~4時8分  「もうひとつのたからのとき」 総合テレビ 全国(北海道・茨城・滋賀を除く・バスケットボールBリーグ中継のため)  
今年放送された福岡県東峰村での地域ドラマです。その後「もうひとつのたからのとき」は被災後に私が息子と訪れたときのドキュメントです。綺麗な美しい自然や景色がドラマに残っています。そして東峰村の今。自然と共存しつつ、またあの美しさを取り戻そうと心を立て直そうとする皆さんの逞しさが記録されています。是非ご覧くださいませ。(ほどほどに TERAJIMA Shinobu Column)
[総合] 2017年12月9日(土) 午後3:05~午後4:05(60分)(NHK 番組表 | たからのとき~福岡発地域ドラマ~ | 村のケーブルテレビでディレクターとして奮闘する室井たから(寺島しのぶ)。娘・みのり(藤野涼子)は反発するが、彼女には「撮らなければならない」秘密があった…。)
[総合] 2017年12月9日(土) 午後4:05~午後4:50(45分)(NHK 番組表 | もうひとつの たからのとき | 地域ドラマ「たからのとき」の舞台・福岡県東峰村。今年7月の九州北部豪雨で甚大な被害を受けました。ドラマの出演者とともに、復興に向けて歩む人々の姿を記録しました。)

抜かれた〜(弘太郎ブログ)

團子ちゃんが楽屋に来たら、 めちゃくちゃ大きくなってた‼️ 恐る恐る(完全に抜かれた〜|市川弘太郎オフィシャルブログ Powered by Ameba)
うわ~ホントだー!子役卒業!?

「2018年 坂東巳之助カレンダー」発売のお知らせ

「2018年坂東巳之助カレンダー」(定価2,200円〈税込〉)を発売いたしました! お申し込みは、坂東巳之助後援会「巳の会」までお願いいたします。   ※送料は別途頂戴いたします。 また、2018年1月2日からの「新春浅草歌舞伎」公演中は浅草公会堂内の売店でもお買い求めいただけます。(「2018年 坂東巳之助カレンダー」発売のお知らせ – 坂東巳之助公式ホームページ)
出ている写真はどんつくかな?浅草公会堂で買えます。

ロシアで来年「日本年」 歌舞伎公演や絵画展など文化交流

7日、モスクワの日本大使館で開かれた天皇誕生日を祝う式典で、上月豊久大使はモスクワでは歌舞伎公演や江戸時代の絵画の展覧会を開催することを明らかにしました。そして「国民レベルで日ロの協力が実感できるようになってほしい」と述べて、文化交流の拡大を通じた国民どうしの理解の促進に期待を示しました。(ロシアで来年「日本年」 歌舞伎公演や絵画展など文化交流 | NHKニュース)
誰が行くのか気になりますね。踊が披露されるのかな?

【初春歌舞伎】チラシの画像を更新

チラシ(H30-01kabuki-omote.jpg (1200×1682))
菊五郎・時蔵・松緑・菊之助のになりました。

「新春浅草歌舞伎」2018年お年玉〈年始ご挨拶〉スケジュール発表

2018年1月2日(火)から始まる浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」、第1部、第2部幕開きの「お年玉〈年始ご挨拶〉」出演者のスケジュールが発表されました。(「新春浅草歌舞伎」2018年お年玉〈年始ご挨拶〉スケジュール発表 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
さあ見に行く日は誰かな?楽しみです。

二代目白鸚、十代目幸四郎、八代目染五郎、襲名披露を前に

2018年1月2日(火)の歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」から、幸四郎改め二代目松本白鸚、染五郎改め十代目松本幸四郎、金太郎改め八代目市川染五郎襲名披露の幕を開ける三人が、公演をひと月後に控えた現在の心境を語りました。(二代目白鸚、十代目幸四郎、八代目染五郎、襲名披露を前に | 歌舞伎美人(かぶきびと))

勘九郎、七之助「春暁特別公演 2018」のお知らせ

2018年3月17日(土)~4月5日(木)、全国12カ所で「中村勘九郎 中村七之助 春暁特別公演 2018」が行われます。(勘九郎、七之助「春暁特別公演 2018」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
開催日、場所、チケット発売等詳細ご確認下さい。

2017年12月6日水曜日

11日、高麗屋三代襲名披露「お練り」のお知らせ

12月11日(月)、東京 浅草寺で、二代目松本白鸚 十代目松本幸四郎 八代目市川染五郎襲名披露「お練り」が行われます。(11日、高麗屋三代襲名披露「お練り」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

市川猿之助 配役変更のお知らせ

歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」「二月大歌舞伎」におきまして、市川猿之助の配役を変更して上演させていただくこととなりました。    誠に申し訳ございませんが、下記のとおり配役変更にて相勤めます。
■歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」 平成30年1月2日(火)~26日(金)
【昼の部】『箱根霊験誓仇討』  飯沼勝五郎 中村 勘九郎   滝口上野/奴筆助  片岡 愛之助
※『菅原伝授手習鑑』「寺子屋」涎くり与太郎には、市川猿之助出演  
【夜の部】『双蝶々曲輪日記』「角力場」 山崎屋与五郎/放駒長吉 片岡 愛之助    
■歌舞伎座「二月大歌舞伎」 平成30年2月1日(木)~25日(日)
【昼の部】『一條大蔵譚』  お京  片岡 孝太郎(市川猿之助 配役変更のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
 壽 初春大歌舞伎 演目と配役(壽 初春大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
 二月大歌舞伎 演目と配役(二月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

2017年12月5日火曜日

<配役決定!>第21回伝統歌舞伎保存会「研修発表会」

『本朝廿四孝』十種香・狐火       
息女八重垣姫 : 中村米吉       
花作り簑作実は武田勝頼 : 尾上音一朗       
腰元濡衣 : 尾上菊史郎       
原小文治 :中村蝶三郎       
白須賀六郎 : 中村吉二郎       
長尾謙信 : 中村吉兵衛       
郎党 : 中村京純       
郎党 : 中村吉助       
郎党 : 尾上音幸       
郎党 : 中村又紫朗       
人形遣い(狐) :中村蝶八郎       
後見 :中村蝶一郎(トピックス|歌舞伎 on the web)

吉例顔見世興行特別企画「歌舞伎ワークショップ」のお知らせ

若い三人は襲名披露を機会に、これまで歌舞伎に縁のなかった10代、20代の同世代の方たちにも、歌舞伎の素晴らしさを知っていただきたいとの思いが強く、積極的に会見などで発信してきました。その熱い気持ちが形になったのがこの企画。    「こんにちは歌舞伎」と題し、初めて歌舞伎ご覧になる方や、まだ観たことがないけれど興味があるという方にも面白く参加していただける内容になっています。もちろん、歌舞伎大好きという方も、ぜひご参加ください。    
入場は無料。定員になり次第、締切りとなります。参加ご希望の方は当日、お早めに会場へお越しください。(吉例顔見世興行特別企画「歌舞伎ワークショップ」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

猿紫「第三回 天翔会」のお知らせ

2018年3月3日(土)、東京 渋谷セルリアンタワー能楽堂で、市川猿紫が「第三回 天翔会 ~舞踊と長唄の若手勉強会~」を開催します。(猿紫「第三回 天翔会」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
■チケット
自由席:4,600円(税込)
昼夜通し券(自由席):9,000円(税込)

 2018年1月9日(火)発売

平成30年(2018年)国立劇場のお正月

国立劇場では、毎年ご好評をいただいている鏡開きや獅子舞をはじめ、お正月ならではのおもてなしで皆様をお迎えいたします。ぜひこの機会に、国立劇場でお正月気分いっぱいの楽しいひとときをお過ごしください。  皆様のご来場を心よりお待ちしております。(平成30年(2018年)国立劇場のお正月 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
お正月気分が味わえます。手拭いまきも楽しみです。

くろごちゃんと行く! 『隅田春妓女容性 ― 御存梅の由兵衛 ― 』 ゆかりの地まちあるき

くろごちゃんの歩いたルート
半蔵門線「押上」駅から約5分 柳嶋妙見堂・十間橋 →(北十間川沿いを西に約15分)→ 源森橋 →(さらに北十間川沿いに約5分)→ 吾妻橋 →(隅田川沿いを南に約20分)→  蔵前橋(国立劇場歌舞伎情報サイト | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
実際に歩くと面影が残っていて江戸にタイムスリップできるんです。浮世絵も載っているのでうれしいです。

2017年12月4日月曜日

矢走の仁惣太(猿三郎ブログ)

近江八景
石山秋月     [いしやまのしゅうげつ]石山寺
勢多(瀬田)夕照 [せた の せきしょう] 瀬田の唐橋
粟津晴嵐     [あわづ の せいらん] 粟津原
矢橋帰帆     [やばせ の きはん]   矢橋(矢走)
三井晩鐘     [みい の ばんしょう] 三井寺
唐崎夜雨     [からさき の やう]   唐崎神社
堅田落雁     [かたた の らくがん] 浮御堂
比良暮雪     [ひら の ぼせつ]    比良山系

歴史的な背景をすべて知った上で お芝居を見る必要は全くございませんが、 少しでも知っておられますと 誰に伝えたのか?と云うことがわかりまして、 誰に繋がっている と云う事もわかりまして 大変面白い所でもあります。(笑) 「六波羅」と云われましたら 「ああ、清盛に知らせに行くのだな」と思ってください。 今日の写真は、今月の私の矢走の仁惣太です。(矢走の仁惣太 ( 伝統芸能 ) - 市川猿三郎 二輪草紙 - Yahoo!ブログ)
有難いですね。近江八景の地名はよく長唄の詞章にも出てきます。
御存知の藤娘の詞章に多数入っています。↓で確認してみてください。
藤娘(fujimusume.pdf)
多少歴史が分かると納得いきますし、旅行でその場所に行ったら、お芝居が蘇ってきます。そうすると又興味が持てます。猿三郎さんに感謝です。

新春浅草歌舞伎」松也、歌昇、巳之助ら意気込む「無我夢中で向かっていく」

6年連続で出演する梅丸は「今年からポスターにも出させていただきました。先輩方から教わりながら、少しでも成長できる、実りある一月にしたいです」と感慨深げに語った。(「新春浅草歌舞伎」松也、歌昇、巳之助ら意気込む「無我夢中で向かっていく」 - ステージナタリー)
梅丸くん、6年前はまだ幼かったけど、もう仲間として参加できます。

Interview 市川中車 着実に役幅広げ 十二月大歌舞伎で3役 (小玉祥子)

「20分ぐらいの休憩を挟み、まったく違う役で違う格好で揚げ幕から出てくる。それが歌舞伎の面白さでもあるのだろうと思います」(Interview:市川中車 着実に役幅広げ 十二月大歌舞伎で3役 - 毎日新聞)
1ヶ月の内に違うお役を演じ、どれもお客様の喝采を受ける。中車さんは着実に歌舞伎味が身についてきたと思います。

片岡累代の墓(秀太郎ブログ)

今年の顔見世のロームシアターから初代仁左衛門の眠る妙伝寺まで、ぶらぶら歩いても10分もかかりません。お墓少しヒロメデ、敷地の左かわに片岡累代が一基。右の方は初代から十四代目までの戒名がきざんであります。また門外にみえるように、片岡の定紋丸に二引の大きな石碑をたててます…。タクシーのドライバーが「お客さん、あの寺から顔だしてむの、近藤勇のはかですわ~と教えられたそうです(笑)(秀太郎歌舞伎話)
 妙伝寺に歴代の松嶋屋さんが眠っておられるのですね。タクシーの運転手さんのお話オモシロイ!

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕

道具幕が引かれるといよいよ後半の「奥庭」です。捕手が30人という数の多さもさることながら、蘭平も激しい立廻りが続き、花道で梯子を上って二階席の高さできめると、場内がどっと沸きかえりました。そんな大立廻りにも息子を思う親心がのぞき、親を思う幼心が心を揺さぶります。(歌舞伎座「十二月大歌舞伎」初日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
いつ見てもスゴイと思いますが、怪我のないようにと祈らずにはいられません。

衛星劇場 今週の歌舞伎番組 4日~8日

4日
盛綱陣屋
芝翫・時蔵・鴈治郎・扇雀・左近・秀太郎・幸四郎

5日
修禅寺物語
彌十郎・猿之助・勘九郎・新悟・巳之助・秀調
佐々木高綱
我當・進之介・新悟・彌十郎・鴈治郎

6日
宿の月
扇雀・芝翫
絵本太閤記 尼ケ崎閑居の場
芝翫。魁春・錦之助・孝太郎・鴈治郎・秀太郎

7日
天衣紛上野初花 河内山
仁左衛門・勘九郎・錦之助・隼人・秀太郎・我當
玉兎
勘太郎
団子売
猿之助・勘九郎

8日
松壽操り三番叟
染五郎・松也
浮世柄比翼稲妻
三津五郎・芝翫・彌十郎・福助


尾上右近を囲む会(一太夫ブログ)

今夜はセルリアンタワーで開催された 「尾上右近を囲む会」に 演奏で参加させて頂きました。たくさんの お客様の前で勤めさせて頂いた 舞踊「北州」の演奏… 緊張したぁー(「尾上右近を囲む会」終わり♪|清元一太夫 オフィシャルブログ 「はじめの一歩」 Powered by Ameba)
北洲、右近さんが踊られたの?

2017年12月3日日曜日

第八回 システィーナ歌舞伎 GOEMON ロマネスク 公演情報

 第八回 システィーナ歌舞伎 GOEMON ロマネスク
平成30年2月15日(木)~18日(日)(第八回 システィーナ歌舞伎 | 大塚国際美術館システィーナ・ホール | 歌舞伎美人(かぶきびと))
12月19日(火)チケット発売予定

速報!喜多村さんと私の自主公演(雪之丞ブログ)

3月サンシャイン劇場 自主公演のお知らせ
江戸川乱歩=原作  『怪人二十面相』~黒蜥蜴二の替わり~ 
出演者:喜多村緑郎、河合雪之丞、春本由香ほか ゲスト出演:貴城けい
脚本・演出: 齋藤雅文
日程:平成30年 3月30日(金)~4月1日(日)
会場:サンシャイン劇場
主催:緑六會・白兎会(速報です‼|雪之丞のブログ)
お二人の自主公演です。黒蜥蜴が良かったので今回も期待です。

密着番組の放送‼️(愛之助ブログ)

12月10日(日)夜9時〜 《片岡愛之助の生き方》 BSフジにて(密着番組の放送‼️|六代目片岡愛之助オフィシャルブログ 「つれづれ愛之助日記」)
次の日曜日です。楽しみです。

2017年12月2日土曜日

本日初日(笑三郎ブログ)

尾上松緑さんが代々受け継がれてこられた御家狂言に、また菊五郎劇団を代表する立ち回りに、先輩方と一緒に出演出来ます事は本人たちにとって大変勉強になる事と思います。危険を伴うほど迫力のある立ち回りですから、どうか怪我のないように無事に千穐楽を迎えてほしいと願うばかりです。 また、立ち回りに出演の花四天の皆さんの奮闘に、ご来場のお客様にはどうか盛大なご声援をお願い致します。(【笑三郎だより】)
蘭平の立廻り、迫力満点!どうか盛大な拍手を、そして皆さんお怪我のないように。

2017年12月1日金曜日

松也「舟木一夫特別公演」『忠臣蔵』初日に向けて

松也は浅野内匠頭。「歌舞伎にも『仮名手本忠臣蔵』があり、『忠臣蔵』は日本人にとってかけがえのない物語。歌舞伎では塩冶判官になりますが、浅野内匠頭という役は、憧れの役の一つ。舟木さんの大石内蔵助で浅野内匠頭、本当にうれしいです。『忠臣蔵』の中では、出番は多くないのですが、そのなかで話の軸になり、内匠頭のために家臣が苦労して大望を果たしてくれる、家臣の皆さんが敵討ちをしたいと思えるような内匠頭にできたら」。(松也「舟木一夫特別公演」『忠臣蔵』初日に向けて | 歌舞伎美人(かぶきびと))
12月にやるお役ですね。

ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕

「吉例顔見世興行」の幕を開けたのは『寿曽我対面』。四代目橋之助が憧れの役だったという曽我五郎を勤め、三代目福之助の近江、四代目歌之助の八幡と襲名する三人がそろい、劇中口上を述べました。「兄弟三人で力を合わせ、芸道に精進いたします」と口火を切った橋之助に続き、福之助が「芸に精進しますので、なにとぞご指導のほどよろしくお願いいたします」、福之助は「兄二人とともに力を合わせていきます」と、初めての顔見世興行出演となる二人も堂々とした口上で、大きな拍手を浴びました。(ロームシアター京都「吉例顔見世興行」初日開幕 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
写真多数あり。

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」特別ポスター

第一部の『実盛物語』斎藤別当実盛、第二部の『らくだ』紙屑屋久六と『蘭平物狂』奴蘭平実は伴義雄をあしらった一枚と、第三部『楊貴妃』のポスター、2種類のポスターが、初日前日の1日(金)から近郊の東京メトロの駅構内などに掲出されました。(歌舞伎座「十二月大歌舞伎」特別ポスター | 歌舞伎美人(かぶきびと))

十二月大歌舞伎 2017年12月 歌舞伎座 上演時間

十二月大歌舞伎 平成29年12月2日(土)~26日(火) 第一部 午前11時~ 第二部 午後3時~ 第三部 午後6時30分~(十二月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

歌舞伎座「十二月大歌舞伎」幕見席のご案内

12月2日(土)に初日を迎える歌舞伎座「十二月大歌舞伎」では、幕見席の料金と発売予定時間が以下のとおりになります。(歌舞伎座「十二月大歌舞伎」幕見席のご案内 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

渡辺保の劇評 2017年11月 翔之会

むろんまだ未熟なところは多々あ る。それにもかかわらず鷹之資はよく亡父の芸を学んでいる。それが顔に、体 に、目つきに出る。それを見ながら私は富十郎の舞台を見ながら過ごした時間 を思わずにはいられなかった。そういうことを思わせただけでも鷹之資大進歩 である。
亡父の味を大切にして、しかし目標は高くしてほしいと思った。富十郎の向 こうには六代目菊五郎がいて、さらにその向うには九代目団十郎がいる。遠く まで歩いていくためには目標は高くなければならない。芸の道は一生修行であ る。(2017年11月国立小劇場)
ずっと見守って行きたいという注目の人です。愛子さんは舞踊家として活躍されることでしょう。

圧巻 能楽×歌舞伎×舞踊 「三響会」金沢特別公演

最初の出演者のトークに猿之助さんが登場すると、客席から歓声が上がり拍手が湧いた。左手に包帯を巻いた猿之助さんは「伝統芸能が盛んな金沢にまた呼んでいただき、次回は元気な姿を見せたい」と笑顔で話した。(圧巻 能楽×歌舞伎×舞踊 「三響会」金沢特別公演:石川:中日新聞(CHUNICHI Web))

橋之助さん勇ましい芸で幕開け 京都・顔見世

京都の師走を彩る歌舞伎の「顔見世興行」が1日、南座改修中のため代替会場となるロームシアター京都(京都市左京区)で始まった。歌舞伎の専用劇場でないため、花道が斜めになるなど例年とは異なる雰囲気で、親子4人で襲名披露する中村芝翫(しかん)さん(52)ら人気役者が華やかな舞台を繰り広げた。(橋之助さん勇ましい芸で幕開け 京都・顔見世 : 京都新聞)

演劇界1月号 表紙 仁左衛門の勘平(演劇界ツイート)

その他 12月5日(火)発売1月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 『仮名手本忠臣蔵』片岡仁左衛門丈の早野勘平です!(演劇界さんのツイート: "12月5日(火)発売1月号『演劇界』表紙をお知らせいたします。 『仮名手本忠臣蔵』片岡仁左衛門丈の早野勘平です! https://t.co/Zgs7xMLdUi")
仁左衛門の勘平!ステキです。

イヤホンガイド「當る戌歳 吉例顔見世興行」特別放送のお知らせ

芝翫のインタビューと、橋之助、福之助、歌之助の三兄弟のひと言コメントを、ともにこの公演の特別バージョンで放送。襲名への意気込みをはじめ、先代芝翫や家族との心温まるエピソードから、プライベートの楽しいお話まで盛りだくさんの内容です。(イヤホンガイド「當る戌歳 吉例顔見世興行」特別放送のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))

玉三郎が語る大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」

この公演で玉三郎とともに踊るのが壱太郎。大人になったという思いが強くなったと言う玉三郎は、「ゆだねられるところもあり、頼れるところもあって、私もありがたい」と言います。日頃から教えを乞いに来る壱太郎については、「たいへん勉強家。関西の味が強い」との印象。一昨年の6月博多座の『芸道一代男』では、「裾をからげて芝居をしているときに足元がとてもきれいで、かなり踊りの勉強をしているだろうと思いました。きちっとなさっていたのが、うれしかった」と語りました。(玉三郎が語る大阪松竹座「坂東玉三郎 初春特別舞踊公演」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))

三響會 金沢特別公演(右近ツイート)

「三響會 金沢特別公演」 無事終了いたしました! 猿之助のお兄さんも、トークショーにサプライズでご登場されました! 有難うございました!!(尾上右近さんのツイート: "「三響會 金沢特別公演」 無事終了いたしました! 猿之助のお兄さんも、トークショーにサプライズでご登場されました! 有難うございました!! #三響會 #田中傳次郎 #亀井広忠 #市川猿之助 #藤間勘十郎 #市川笑也 #尾上右近 https://t.co/522AKdx1mh")
三響會無事終了、猿之助さんも登場されたようです。内心踊りたかったろうな。

ブログ アーカイブ