2017年12月14日木曜日

河村常雄の劇評 2017年12月 国立劇場

吉右衛門の侠客、梅の由兵衛。序幕でしっかり台詞が入っていないのは気になるが。凄惨な殺し場では年齢を感じさせないキビキビした動きを見せる。殺しに至る心の葛藤が秀逸。(河村常雄の新劇場見聞録)

ブログ アーカイブ