2017年12月15日金曜日

矢内賢二の劇評 2017年12月 国立劇場

総じて英雄的な侠客(きょうかく)とはひと味違った弱さを感じさせる吉右衛門の由兵衛が新鮮。一座のアンサンブルが五瓶の巧みな劇作を生かして、単なる珍品の虫干しではなく、忘れられかけた演目の再評価につながる上演になった。(東京新聞:<評>幻の演目に光 国立劇場十二月公演:伝統芸能(TOKYO Web))
いつもの吉右衛門の役どころと違って新鮮とか、観劇が楽しみです。

ブログ アーカイブ